スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対談者 スベンソン 代表取締役 兒玉 圭司 氏

感動の輪を広げる

kodama1.jpg


スヴェンソンが大切にしていること・・・
それはお客様との「心のコミュニケーション」です。


多種多様な製品・サービスにより毛髪業界が活発化する中、お客様からの品質・サービスに対するご要望は高まりつつあると推察いたしております。
そのお客様の期待を超えるご満足を提供させていただくのが私たちの目標です。


第8回目の対談はドイツ生まれの老舗かつらメーカー、株式会社スヴェンソンの兒玉圭司社長です。スヴェンソンとの出会いから、「美と健康」にまつわるお話しを伺います。

スベンソン公式HP

kodama2.jpg

鳥澤会長 本日は、よろしくお願いいたします。まず、株式会社スヴェンソン設立についてお聞かせ願えますか。

兒玉社長 前の会社はエレベーターや立体駐車場の会社で、兄が社長で私が副社長でした。その会社が健全なうちに新しい事業を始めたいと考えていたんです。

鳥澤会長 なるほど、別事業を。それは何年前ですか。

兒玉社長 26年前の話で、コンピュータや外食産業、住宅産業が流行しはじめた時期だったんです。私は中でもコンピュータ関係をしたかったんです。ところが、卓球を通じた友人で、ドイツのドクターファウベル氏という方なのですが、ウェラ化粧品の初代代表取締役で在日ドイツの商工会議所副会頭をしていた彼が、ドイツの企業をいろいろと紹介してきたんです。

鳥澤会長 そうなんですか。

兒玉社長 そのうちの一つにスヴェンソンがありまして、僕は始めは興味がまったくなかったんです。

鳥澤会長 畑違いですからね。

兒玉社長 当時エレベーターを売っていた私が、「かつら」って言われてもね。

鳥澤会長 180度違いますものね。

兒玉社長 ところが、メリンガー氏という社長を連れてきて、熱心に勧めるんです。本当に毎日のようにメリンガー氏は私のところに来ました。

鳥澤会長 情熱なんでしょうかね。

兒玉社長 「こんなにもエキゾチックで、素晴らしい仕事は無い。蒸れない、ずれない、外れない。24時間つけっぱなしでOK。自分で洗髪できて水泳も出来る!」というんです。

鳥澤会長 それは凄いですね。

潜在需要の大きなマーケット。
そしてドイツでの利用者への市場調査から
本物商品と確信。


兒玉社長 はじめのうちは眉唾物だと思ったのですが、あまりにも熱心に勧めるものですから市場調査をしたんです。半年かけて専門家に調査していただいたのですが、大きなマーケットで、潜在需要がすごいし、先行の大手2社もあったのですが、お客様にまだ満足をしてもらえていないという調査結果がきました。それでびっくりして、すぐドイツに飛んだわけです。メンテナンスの現場を見たり、工場を見たり、20年くらい愛用なさってるお客様にインタビューをしたりして。そしてこれは本物だ!と思ったんです。ドイツのお客様もこんなすばらしいものはないと、すごく喜んでいるんですよ。

鳥澤会長 現地での評判が高かったのですね。

兒玉社長 そうなんです。それで、日本でも絶対成功しますよ!と言って、お客様が私に勧めてくれるような感じで。

鳥澤会長 まわりの方が。

兒玉社長 それで私もその場で決心して、すぐ契約したわけです。

鳥澤会長 なるほど。

兒玉社長 それがきっかけです。

鳥澤会長 そういうきっかけは降って湧いてくるわけではないですからね。なにか縁のようなものを感じますね。

兒玉社長 そうですね。やっぱり人脈ですかね。ドクターファウベル氏と人間関係があったからこそ、このような話が舞い込んできたわけで、私はもともと人間関係をものすごく大事にして生きてきましたから。

鳥澤会長 それは単に紹介するということじゃなくて『信頼できる人を』ということだったんでしょうね。

兒玉社長 まあ、そうかもしれませんね。

鳥澤会長 スヴェンソンという会社は、ドイツでも同じスヴェンソン?

兒玉社長 そうです。日本への進出は、世界で26番目だったんですね。

兒玉社長 彼らは1984年の2月に日本に進出したのですが、2ヶ月に1回くらいしか来られないからアフターサービスが行き届かないというようなことがあって、日本で信頼できるパートナーを探したいということだったんです。

鳥澤会長 そこで白羽の矢が立ったというわけですね。

鳥澤会長 いろいろ調査した結果、彼らから話しがあって1年半後、1985年の9月に私が100%買い取って、スヴェンソンジャパンということではじめたんです。

鳥澤会長 ドイツのスヴェンソンの会社も、兒玉社長がどういう人物か、事前に調べたんでしょうね。

兒玉社長 それはどうだか、今となっては詳しいことは分かりませんけどね。

鳥澤会長 しかし、話しをするにしろ、信用というものが必要ですものね。

兒玉社長 そうですね。

鳥澤会長 このスヴェンソンという社名には何か意味があるのですか?

兒玉社長 これは北欧のですね、人の名前だったんです。

鳥澤会長 そうなんですか。

兒玉社長 最初はアメリカで、髪が薄くなった自分の奥さんに、普通のかつらじゃなくって、編み込み式のものができないかということで、いろいろ考えてあみ出した方式なんですね。その後、ドイツのグスタフカーリン氏という方がいろいろ研究して、今日の編み込み方式を築き上げたんです。

鳥澤会長 そういう「かつら」は、当時の日本にあったんでしょうか?

兒玉社長 編み込み方式というものはなかったんです。「かつら」はヨーロッパが発祥で、ナポレオンの時代から、高貴な方々が「かつら」をかぶってたんです。

鳥澤会長 おしゃれのためですね。

心と体の健康に「美」は絶対に
かかせないものです。美しいこと
が心に安らぎを与えてくれます。


兒玉社長 もともとはヨーロッパからなんです。ヘアダイとかパーマとか、頭髪に関することは、みんなドイツが発祥なんですね。当然おしゃれもしたいし、それが自分達の健康にも、心の安らぎにもなりますし、やはり心と体の健康には、美は非常に大事なことだと思います。

鳥澤会長 美が大切だということは、もう何百年も前から言われているということは分かる気がします。

兒玉社長 ですから私どもの理念も、美と健康と環境の分野で、世のため人のためにお役に立ち、そういうことによって社会貢献したい!ということなんです。

鳥澤会長 素晴らしい!我々東洋カイロ
プラクティックも世のため人のために頑張り、社会貢献することを理念にしてお
りま強調文す。御社で一番にモットーとしていることをお教えください。

兒玉社長 私どもの行動理念というのは『イキイキ・ワクワク・ありがとう』というんですね。『イキイキ』というのは、生きる希望にあふれ『ワクワク』は夢と感動を共有し『ありがとう』は感謝の心を忘れない。こういう行動理念なんです。


『イキイキ・ワクワク・ありがとう』

長年愛して頂けるものを提供する企業だからこそ、
「 心の持ち方 」を伝えることが私の仕事です。


鳥澤会長 すばらしいですね!

兒玉社長 編み込みという技術は、月に1回床屋さんに行く感覚で、メンテナンスにお客様がいらっしゃるシステムになっています。現在、20年以上毎月通っていただいているお客様が800名くらい、10年以上のお客様が6000名くらいいらっしゃいます。

鳥澤会長 本当に気に入っていらっしゃるんですね。

兒玉社長 ありがたいことです。ですからそこが、心と心といいますかね。

鳥澤会長 つながりが切れないということですものね。

kodama3.jpg


兒玉社長 毎月通っていただいて1時間半、すべて予約なのですが、お客様がうちの社員と接し、スヴェンソンに行くのが楽しみだという気持ちになっていただければありがたいです。

鳥澤会長 そうですね。

兒玉社長 ですから私の仕事は100%と言っていいくらい、社員教育だと思っています。心の持ち方ですね。

鳥澤会長 その社員教育を具体的にお聞かせください。

兒玉社長 年に2回、4月と10月に全社員を集めた研修会があります。終わると全社員から感想文が私にきます。

鳥澤会長 いやまた、しっかりまとめてますね。すばらしい!

兒玉社長 あと1月と7月にボランティア活動をしています。各地域に密着して、病院を訪問し、技術者は患者さんのシャンプーやカットなどします。技術者でないものは、車椅子や点滴台などを一生懸命磨くのです。

鳥澤会長 それは喜ばれますね!

兒玉社長 もうずっと行ってますから、今では患者さんが楽しみに待っいてくれてます。

鳥澤会長 そうでしょうね。

兒玉社長 中にはお金を用意して
、受け取って欲しいと言ってくださる患者さんもいらっしゃいますが、お気持ちだけでとお断りさせて頂いて。何より、喜んでいただいたことで涙を流す社員も沢山いるんです。

鳥澤会長 すばらしい話ですね。

兒玉社長 そうやって喜んでいただけると自分も感動しますし、いかに健康であることがありがたいことかわかります。

鳥澤会長 なかなかできないことですよ。我々も何かできることを考えたいですね。

兒玉社長 この年に4回、研修会もボランティア活動も、社員全員が自分の休日を提供して、行っているんですよ。

鳥澤会長 そうなんですか!でもその意識に至るまでが大変だったでしょうね。

兒玉社長 最初は「なんでボランティアなんてやらなきゃいけないの?」みたいな感じがあったと思うんですよね。でも今はもうみんな楽しみにしています。

鳥澤会長 なかなかできないことです。ボランティアのように人のための活動は素晴らしいものですし、我々も見習いたいものです。ところで、兒玉社長がご自身のためにとられている健康法は何かありますか?

兒玉社長 やっぱり忙しいのがいいんじゃないでしょうか。「趣味は何ですか?」とよく聞かれるのですが、残念ながら仕事なんですよね。

鳥澤会長 仕事で動くことが健康法なんですね。

kodama4.jpg

毎日かかさず行う「 瞑想 」が健康の秘訣。
良いイメージで体の中を充満させ、悪いイメージを
体の中からすべて出す。心の健康こそが体の健康。


兒玉社長 あとは瞑想ですかね。

鳥澤会長 瞑想!ちょっとその瞑想についてお聞かせ願いたいですね。

兒玉社長 もう20年くらい続けていますが、まずお腹を時計回りに100回、反時計回りに50回さすります。これがいいと聞いて毎朝毎晩欠かさずやっています。2、3分しかかかりませんけどね。内臓にはすごくいいです。

鳥澤会長 イメージは?

兒玉社長 私はイメージを持ちながらやっていますが、たださするだけでもいいです。私は自分の手のひらで「気が出た、気が出た」と言いながらイメージしてさすります。それが終わってから瞑想に入ります。瞑想の息を吸うときは、宇宙のエネルギーが体中に入ってきて、丹田に充満したとイメージする。そこで息を止めてまたイメージします。そのイメージはいろんなことですね。自分の健康、家内の健康、社員と家族とお客様の安全と健康、会社の今の目標など。

鳥澤会長 なるほど。

兒玉社長 そして息を吐くときは、体中の老廃物、嫌な思い不安な気持ちがみんな出て行ったと、足の指の先から出て行くイメージで行います。それがだいたい20分くらいです。いろんなことをイメージするものですから結構長いんです。

鳥澤会長 血色がいいですものね。

兒玉社長 瞑想は体にいいと思っています。外国へ行っても、どこへ行っても欠かさず行っています。

鳥澤会長 継続は力なりですよね。

思いが変える運命のサイクル。
よい習慣がすべてを変え、思い
強調文質と量の見極めが大切です


兒玉社長 よい習慣というのは『習慣が変われば性格が変わる。性格が変われば行動が変わる。行動が変われば運が変わる。運が変われば人生が変わる!』よい習慣というものは、ほんとにささいなことでも性格が変わってきます。うちの社員は、ものを頼まれた時でも『ありがとう』と言います。面倒くさいことも、嫌
なこともいっぱいあると思うのですが、よい習慣のおかげだと思います。

鳥澤会長 よい習慣を続けられるということがすばらしいですね。

兒玉社長 今年の書初めは『思いは叶う』という言葉にしました。強い「思い」は叶うよと常に言っているんです。「思い」というのは、ネガティブな思いも「思い」、ポジティブな思いも「思い」なんです。

鳥澤会長 そうですね。

兒玉社長 思いなんて叶わない、と言っている人は、ネガティブな思いが叶ってしまっているということなんです。ネガティブな気持ちが強くてネガティブな結果になってしまっている。

鳥澤会長 なるほど。

兒玉社長 あとは質と量。この「思い」は絶対実現したいと思ったら、他人が見てもすばらしい「思い」なんです。すぐ忘れてしまうような「思い」は軽い質なんです。

鳥澤会長 そうですね。

兒玉社長 これは絶対実現したいとずっと願っていれば行動に現れます。三日坊主とでは実現できる可能性が違います。

鳥澤会長 ずっと強く願っていれば、目の前に通ったときに「パッ」とつかまえられますものね。

兒玉社長 「思い」にもいろいろあることを知らないといけないですね。強い思いは強いのです!

鳥澤会長 今日はすばらしいお話をたくさんありがとうございます。含蓄がありますね。ビシビシ入ってきます。

兒玉社長 こちらこそありがとうございました。

kodama5.jpg

   
( 平成二十二年 一月 十八日 対談
 港区赤坂 スヴェンソン本社 にて )
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。