FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康対談[第17弾] 対談者:サザンクロス 前オーナー 故 北村重憲 氏

夜空に輝くぬくもり溢れる星
創業半世紀 サザンクロスリゾート創業秘話
貫き続けた経営精神


サザンクロス

今回の健康対談のゲストには、伊豆高原にある「サザンクロスリゾート」のオーナーである北村 重憲 氏をお迎えしました。
富士山を望む素晴らしいロケーションの中で、サザンクロス設立秘話や、創業から変わることのない経営に対する考え方など、たくさんのお話を伺いました。

北村オーナープロフィール写真

北村 重憲 氏プロフィール--------------------
1942年9月16日生(70歳) 横浜市出身
1965年 慶応義塾大学卒業
1970年 日本航空香港支店勤務
      後、サザンクロス入社
1983年 (株)サザンクロス社長就任
1985年 スポーツビジネス研究所主宰
同年  東京商科学院リゾート学科講師
2005年 ナチュラルセラピージャパン設立
2010年 カルクナーレ(株)設立 現在に至る

■サザンクロスリゾート
こころが躍る、癒される
恵まれた自然と、歴史や文化が息づく伊東。
その静かな山間に佇むのが、ゴルフ場・温泉・プール・ アロマトリートメントを有した総合リゾートホテル「サザンクロスリゾート」。
待ち受けるのは富士山や相模湾などの美しいパノラマを従えた癒し空間。
一年中温暖な伊豆にあって、ひときわやすらかな時間が流れています。
ここは慌しい現代を生きる皆様の五感を満たすパラダイス。
伊豆高原や一碧湖、城ヶ崎などの観光スポットへの拠点としても便利なロケーションです。
【 住   所 】 〒414-0051 静岡県伊東市吉田1006
【 電   話 】 0557-45-1234
【公式サイト】 http://www.southerncross.co.jp/

◆東海道新幹線熱海駅乗換、伊東線伊東駅下車タクシーにて15分
◆送迎バスあり(予約制)

サザンクロス創業秘話
「心に沁み入るような温かさがある南十字星。実際に、空気の加減なのか、他の星より色合いが温かくみえるんですよね」

鳥澤会長 本日は、このような素晴らしいロケーションの中で対談のお時間をいただきまして、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

北村オーナー こちらこそ、よろしくお願いします。

鳥澤会長 伊豆高原の広大な敷地に立地しているこちらのサザンクロスリゾートですが、どのようなきっかけで設立されたのでしょうか。

北村オーナー きっかけは、元々船乗りだった父の生い立ちぬきでは語れないんです。

鳥澤会長 興味深いですね。お父様は、どんな船乗りだったのでしょうか。

北村オーナー 父は、明治37年の生まれです。日露戦争の時代ですね。大阪商船に勤務していました。海外旅行などがまだまだ一般的ではなかった時代に、移民船で、ブラジルや欧州航路など世界中をまわっていました。ドイツにも留学したり。

鳥澤会長 当時にしては、ものすごい経歴ですね。

北村オーナー その後、戦後に至り、平時になりました。やはり、本来、人というのは人の役に立ちたい。父は、灰燼と化した日本のために何ができるかということを考えました。船関係をやっていましたから、東北地方に木炭を輸送したりして、独立しました。その後、東西汽船という船会社を起して上場しました。

鳥澤会長 戦後の混乱期にそこまで事業を拡げるとは…すごくパワフルな方だったんですね。

北村オーナー そうですね。父は、いわゆる経営者タイプではなく、実業家タイプでした。病院の経営から何から、色々とやっていましたね。

鳥澤会長 北村オーナーは、その背中を見て育ったわけですね。

北村オーナー 実は、僕は大学卒業後、日本航空に勤めていたんです。昭和40年の初めでした。香港で働いていたんですが、ある日突然、父から「戻ってこい」と言われて。話を聞くと、伊豆にホテルを設立するという。サザンクロス(南十字星)というのは、北半球から見えない星座ですよね。父に、何故「サザンクロス」なのかと聞いたことがあるんです。父は長く航海をしていましたから、船からよく星を見ていた。その中でも、心に沁み入るような温かさがある南十字星が好きだったようです。実際に、空気の加減なのか、他の星より色合いが温かくみえるんですよね。

鳥澤会長 船乗り独自の視点ですね。では、サザンクロスは、お父様と北村オーナーの二人三脚で設立されたわけですね。

北村オーナー 企画、構想の当初から、自ら手を染めてきた自負はありますが、やらせたのは全部、父ですから。もし私が普通の雇われ社長だったら、何十回もクビになっていたと思います(笑)親子だからできたんでしょうね。


緑溢れる伊豆へのこだわり
「こんなところでは商売にならないという意見も多かったんです。それでも、この緑溢れる環境にこだわりたかった」
北村オーナー


鳥澤会長 今年で創業何年になられますか。
北村オーナー ホテルはちょうど40周年、ゴルフ場は51年になりました。

鳥澤会長 このあたりにも多くの宿泊施設やゴルフ場がありますが、家族経営で半世紀も続いているところは少ないでしょうね。

北村オーナー もそうですね。オイルショック、群発地震、バブルなど、今は歴史ですが、何度も地獄を歩みました。

鳥澤会長 私も失敗ばかりしてきましたし、うまくいかないことの連続でした。ところがその中のやっと一つのことが、今こうして続いてなんとか形になってきました。

北村オーナー それがお顔ににじみ出て、あなたは良い顔をしていらっしゃる。

鳥澤会長 設立にあたり、伊豆という場所に対する異存はなかったんでしょうか。

北村オーナー 基本的にはなかったですね。もちろん細かい意見は多くありましたが。「こんなところにホテルを建てたら、狸が出るよ」とかね。40年前は何もないところでしたから、こんなところでは商売にならないという意見も多かったんです。それでも、この緑溢れる環境にこだわりたかった。今こそ時代は健康志向ですが、その頃から私たちは、環境が与える身体への影響について考えていました。

鳥澤会長 そう思うと、本当に、時代は変わりましたよね。今、このロケーションに対するお客様の反応はいかがですか。

北村オーナー 気候の暖かさ・人の温かさ等、伊豆ならではの良いところを気に入ってくださる方もいれば、ホテル・旅館ならどこでも良いという方も当然いらっしゃる。ただ、僕の気持ちとしてはどんなお客様でもウェルカムなんですね。色んなお客様がいらっしゃいますから。

鳥澤会長 北村オーナーは、その背中を見て育ったわけですね。

北村オーナー 実は、僕は大学卒業後、日本航空に勤めていたんです。昭和40年の初めでした。香港で働いていたんですが、ある日突然、父から「戻ってこい」と言われて。話を聞くと、伊豆にホテルを設立するという。サザンクロス(南十字星)というのは、北半球から見えない星座ですよね。父に、何故「サザンクロス」なのかと聞いたことがあるんです。父は長く航海をしていましたから、船からよく星を見ていた。その中でも、心に沁み入るような温かさがある南十字星が好きだったようです。実際に、空気の加減なのか、他の星より色合いが温かくみえるんですよね。

鳥澤会長 私も実際に伊豆半島をぐるっと一周してみましたが、日本全国の名所を集めたような、何でも揃っているという印象をうけました。こちらのゴルフ場は、何坪くらいあるんでしょうか。

北村オーナー 約30万坪です。もともとは27ホールあったんですが、そのせいで「散々苦労する」なんて言われたりして…。それじゃあということで、社長に就任した際に、18ホールに減らしたんです。利益も半減してしまうのではないか、という反対意見もありましたが、きちんとしたゴルフ場をつくりたいという気持ちがあったので、結局18ホールに減らしました。それから売上も良くなりましたね。

鳥澤会長 経営者の目にしか見えない事があるんですよね。細く長くという考えは、経営者でないとなかなかできない。

北村オーナー 長い目で見て、今少し辛くてもやるのか、今の状態に合わせて荒稼ぎするかということは、本当によく見極めてやらなければいけないですよね。実は今、「オリオン」と呼んでいる7~8万坪のコースを遊ばせているので、そこをどう活用していくかを思案している最中なんです。オーシャンビューで良い立地なので、今度是非お連れします。

鳥澤会長 それは、ぜひ見てみたいですね!宿泊施設についてもお伺いしたいのですが、こちらには何部屋くらいの客室があるんでしょうか。

北村オーナー 全部で77室、稼働中の部屋は66室です。

鳥澤会長 前回お伺いした際、オーナー自慢の露天風呂(足湯)も見せていただきましたが、源泉かけ流しとか。

北村オーナー そうですね。匂いのない単純カルシウムイオンのお湯です。山中なので、伊豆の街中のお湯に比べると塩気もない。

鳥澤会長 本当に、海と山の幸どちらも堪能できる素晴らしいロケーションですよね。風光明媚とはこのことというか…。
北村オーナー 環境は本当に大事ですね。僕は、物心がついた頃から江ノ島の海岸沿いに育ち、その辺りにはサナトリウム(療養所)が多かったんです。50代・60代で亡くなる方が多かったですが、皆幸せな亡くなり方をしていましたね。

鳥澤会長 今は長寿と引き換えに、薬漬けになったりするリスクもありますからね。

北村オーナー 転地療養といいますが、その面では、伊豆は本当に恵まれた環境だと思います。日本各地にリゾート地はたくさんありますが、隣に工場があるような地域もありますよね。そういうところでは、本当の療養は難しいと思います。

鳥澤会長 私もここに来るだけで癒される感じがして、来るのが楽しみなんですよ。

北村オーナー 逆に、今の時代の恵まれていないところを挙げるとすると、昔の銭湯や温泉には、湯女や三助と呼ばれる人が必ずいて、湯加減の調整や番台業務をしていました。今では何でも機械化してしまって、このようなサービスがなくなってしまった。非常に残念なことです。僕は、鳥澤さん達のような身体のプロフェッショナルが温泉施設やプールで健康管理をしたら、これはもう世界一のサービスになるんじゃないかと思っています。

鳥澤会長 私も心からそう思います。サザンクロスのような最高の場所でそれが実現出来たら良いですね。上海に、西洋・東洋医学を見事に融合させた「瑞金病院」という病院がありますが、中国のトップクラスの方々は皆そこへ行かれるそうなんです。そこでは、漢方と西洋医学を必要に応じて使っていくそうです。日本にもそういったコンセプトを持つ病院が必要だと、強く感じています。

健康法
「昨日の続きは今日、今日の続きは明日ではなく、毎日違う日なわけです。毎日が二度とない今日。毎日が『本日開店』」
ニーム

鳥澤会長 特に意識して行われている健康法はありますか。

北村オーナー 一言でいえば、自分の心の置所でしょうね。高校時代に横浜に行った際に、たまたまパチンコ屋の看板が目に入ったんですが、そこには「本日開店」と書いてありました。その時は素直に、「今日できたのか」と思っていたら、なんと毎日その看板が掲げてある。でも、考えてみると、昨日の続きは今日、今日の続きは明日ではなく、毎日違う日なわけです。それをきっかけに、毎日が二度とない今日なんだ、毎日が「本日開店」なんだと思うようになったんです。

鳥澤会長 捉え方次第で、パチンコ屋の看板がこんなに深い意味を持つとは…。

北村オーナー 健康法というのは、何も身体を動かしたりすることだけじゃないと思うんです。実際に、うちの父も母も、特に実践していた健康法はなかったと思いますが、二人とも99歳と102歳まで生きましたから。

鳥澤会長 ご長寿の家系ですね!

北村オーナー 神は健康と密接に関わっていると思います。私は今までに天国も地獄も見てきたので、余計にそう感じるのかもしれませんが。

鳥澤会長 お幾つくらいでその心境に辿り着いたんでしょうか。

北村オーナー ここ10年くらいでしょうか。だから、今がいちばん幸せですね。振り返ってみて、今がいちばんと思える人生を歩みたいですね。

鳥澤会長 私も60歳を過ぎてから妙な欲がなくなってきました。

北村オーナー 人間の研究もおもしろいですよね。良い時は周りに把握できないほど人が集まりますが、少し環境が変わると潮が引くように人が去っていく。さらに面白いのは、潮が引くと本物が見えてくる。

鳥澤会長 私も実際に伊豆半島をぐるっと一周してみましたが、日本全国の名所を集めたような、何でも揃っているという印象をうけました。こちらのゴルフ場は、何坪くらいあるんでしょうか。

北村オーナー 約30万坪です。もともとは27ホールあったんですが、そのせいで「散々苦労する」なんて言われたりして…。それじゃあということで、社長に就任した際に、18ホールに減らしたんです。利益も半減してしまうのではないか、という反対意見もありましたが、きちんとしたゴルフ場をつくりたいという気持ちがあったので、結局18ホールに減らしました。それから売上も良くなりましたね。

鳥澤会長 本物だけが残る、と。

北村オーナー の通り。今までと違う面が見える人もいれば、その人自体が遠ざかっていく事もある。そうなると、自分にとってはすごく楽な状態になりますね。俺とお前で話せる仲になる。

鳥澤会長 私も、オーナーと、そんなぬくもりある関係を築くことが出来れば光栄です。本日は、本当にありがとうございました。

北村オーナー&学院長



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。