FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対談者 故)コーセー相談役取締役 小林禮次郎 氏

美しい知恵、人へ、地球へ

koce1.jpg

KOSEは、美の創造企業として人々のために、
そして大切な地球のために、美しい知恵を出し
合い役立てています。


コーセーは地球環境保全のための取り組みはもとより、社員ひとりひとりへの遵法精神
を浸透させることや、地域社会とのよりよい関係の確立、社会貢献活動、文化支援活動
なども品質の一部だと考えています。特に環境問題に対する取り組みは重要な経営課題
のひとつとしてとらえています。


kose2.jpg

鳥澤会長 本日はよろしくお願いします。以前からずっとお伺いしたいと思っていたことなのですが、当学院も王子にあるのですが、株式会社コーセーも王子なんですね?うちの学院の近くにコーセーの研修所もありますよね。販売員の方もよく見かけます。

KOSEは東京都北区が発祥
の地。現在も研修所から研究所、
美容学校まですべて王子です


小林相談役 そうです。うちの施設は現在でもほとんど王子なんです。研究所もつい最近出来た教育センターも美容の学校も全て王子にあるんですよ。何故王子なのかというと、創業したのが昭和二十一年。私の父親が創業したのですが、当時戦後すぐで物が無い時代ですから、物を作れば売れた時代だったんです。
王子で始めたきっかけは、旭電化という会社があるのですが、化粧品にとって大事なグリセリンやステアリン酸を作っていたんです。そこのある人と、父親が戦前から仕事で顔見知りでした。化粧品の原料をまわしてくれるという話になって旭電化に近い王子で創業することになったんです。

鳥澤会長 そうなんですか。

小林相談役 いちばん最初が北区志茂町で、その次が北区豊島。そして栄町で、それから美容学校のある堀船に移りました。ずっと王子でしたが、昭和四十年に日本橋に本社を移しました。

鳥澤会長 そうだったんですね。ところで〝コーセー〟という社名の由来を伺ってもよろしいですか?

小林相談役 これはあまり話したくないんですが、私の父親が起業するっていうんで、私と父親で候補を出し合いました。いろんなものを調べながら、良い名前を考えていたんですが、全部商標登録されていたんですね。それで最後に通った名前が 〝コーセー〟 だったんです。名前の由来は父親が孝三郎っていうんです。

鳥澤会長 親孝行の?

小林相談役 そう!親孝行の「孝」の字です。また父親が誠実という言葉が好きだったんです。それで「誠」の字をとって「孝誠」でコーセーとなったんです。

鳥澤会長 これは、意味が深いですね!

kose3.jpg

コーセーの社訓 「正しきことに従う心」

企業ブランドにとって大切なものは「誠実さ」。
創業者の「思い」が、今も企業理念として生きる。


鳥澤会長歴史を感じる名前ですね。

小林相談役 それがですね「孝誠」だと化粧品のイメージが湧かないと言う人もいます。それで、コーセーの名前の意義を考えることにしました。化粧品のコスメティックスは英語やフランス語では 〝C0S〟で始まりますが、語源となったギリシャ語の〝コスメチコス〟はKOSMETIKOSと書きます。

鳥澤会長 なるほど。

小林相談役 このギリシャ語の〝K0S〟をとって 〝K0SE〟 にしたんです。私のアイディアで。

鳥澤会長 ピッタリの由来があったものですね。付けるべくして付けられた名前だったのかもしれませんね!

小林相談役 一般的には、コーセーの名前の由来は何ですか?と聞かれたら、後者の説明をしています。今日は特別にこのお話をしました。ところが、ルイヴィトンの日本人の社長さんが、ブランドにとって大事なものは「誠実さ」だと書いてありました。確かにそうですよね。

鳥澤会長 魂を感じるのは、「孝誠」の方ですかね。

小林相談役 コーセーのブランドっていうのは〝誠実さ〟が原点です。そのことが非常に評価されてきたんですね。

鳥澤会長 なるほど。仰るとおりだと思います。次に経営に関してなんですが、我々整体術の仕事は「痛みから解放されたい」という人間の本能により、「体が楽になること」を求められる仕事です。御社が扱われる化粧品も「美しく若くありたい」と願う視点で考えると、我々の仕事同様、人間の本能に根ざした仕事と思われますが、これまでの経営で一番に辛かったことは何ですか?

小林相談役 私はコーセーでは、外国との提携を始めとして困難な仕事ばかりに携わってきました。どれが一番辛かったとはいえません。しかし、我々の世代で一番に辛かったっていうのは、やはり家族との死に別れたことになってしまいますね。昔はみんなそうだったんですよ。

鳥澤会長 仕事とは比較にならない辛い思いをされたんですね。では、コーセーが今日に至るまでに成功されてきた、経営ノウハウについて何か教えていただけないでしょうか?

小林相談役 やはりさっき言った 〝誠実さ〟 ですよね。私の父親が最後に作った良い言葉があるんですが、「正しきことに従う心」っていうのがあって、社訓にしているんですよ。

鳥澤会長 いや、そうですよね!当たり前のことが当たり前に出来ていないことが多い時代ですから、今こそ求められる大事な言葉だと思います。次にですが、コーセーとして考える地球環境問題についてお話を聞かせてください。

逸早く取り組んできた障害者
の雇用。これも、先代社長から
受け継いだ「孝誠」の精神。


小林相談役 十九年前に作ったコーセーの標語ですが、「美しい知恵 人へ地球へ」というものがあります。現在の時代に非常によくあっていますよね。他社で
も似たような標語を掲げているところもありますが。

鳥澤会長〝美〟 を大切にしている御社らしい、良い標語ですね。

小林相談役 人の表情も美しくするけれども、地球も美しくするという意味です。取り組みとしては当時の趨勢よりも、ちょっと早かったかな?現在、最も自慢できるものは、障害者の雇用なんです。従業員のほとんどが身障者という会社「アドバンス」という子会社を二十年位前に作っています。もちろん、健常者も働いていますが。

鳥澤会長 ほう、それはご家族の方々も喜んだでしょうね!

小林相談役 そうですね。たくさん感謝をしていただきましたよ。こちらとしても嬉しい。先ほどの「孝誠」っていう精神が残っているんです。

鳥澤会長 「正しきことに従う心」素晴らしいですね。最後に、今後の動きなどに関して少しお話を聞かせていただけないでしょうか?

小林相談役 そうですね。うちは商品の開発力に特徴のある会社ですが、今後は国際的な動きを持ちたい。なかなかアメリカやヨーロッパへの進出は難しいのですが、ロシアやインドなど新しい地域も含めて積極的に取り組んでいきたい。商品開発の技術もパッケージデザインも国際レベルです。コーセーが開発した化粧品も多い。ですから、これからも取り組んでいきたいところです。

鳥澤会長 ぜひ頑張ってください。そのためにも、小林相談役も当療術センターに入会されているわけですし、月に二回くらいは来院されて療術を受けられると良いんですけれど。これは、先代の命題だと思って!長生きの秘訣にはやはり、深層筋を調整していくことが大事なんですよ。つまり、骨を守っている筋肉を柔軟にしておくことが大事なんです。

小林相談役 なるほど!

鳥澤会長 筋肉を柔軟にしておかないと、良いものを食べても栄養が充分に行きわたらなくなってしまいます。深層筋をしっかりと運動させていく療法は日本、いや、世界のどこを探しても、うちにしかない技術ですから。今後、相談役がヨーロッパに行かれる時には取材というかたちでついていきましょうか?

小林相談役 私も王子のメンバーですからね。

鳥澤会長 はい。今日はいろいろお話を聞かせていただきまして、ありがとうございました。

小林相談役 いえいえ、こちらこそ、ありがとうございました。

kose4.jpg


( 平成二十一年 四月 二十七日 対談 日本橋コーセー本社にて )
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。