スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光の旅

6月13日(水)~6月14日(木)、日光へ旅行に行ってきました。

<1日目>6月13日(水)

楽しみにしていた「日光金谷ホテル」に宿泊です。
実は15年以上前に、確か?浦和駅前の“コルソ”で私の講演を行なったとき、当時の金谷ホテル社長が見に来ており、講演後に紹介されて知り会いになった。社長は「東洋整体術」のファンで、そのうちゆっくり話をする事になっていたが、そのままになっていた。
そんなこともあって社長にもしも会えたらと・・・それも楽しみの旅行だ!
本来は、六本木の本社ビルにいるだろうと思ったが・・・?

朝9時に家から車で出発、先ずはあの「日光猿軍団」のショーを目指しAM11時頃に到着した。
ショーは1日2回の公演で、1回目はAM10:30から、2回目はPM2:30からで、途中休憩せずに行けば1回目に間に合ったのに残念。

nikko_02.jpg

時間つぶしに何処へ行こうかと考え「中禅寺湖」へ行くことにした。山道をくねくねと走りもうじき中禅寺湖に着こうかというときに、霧がだんだん濃くなりとうとう霧に包まれてしまった。せっかく来たのに、到着したときには中禅寺湖はまったく見えない!

悔しい思いをしながら引き返す途中、みやげ屋に寄って試食して「たまり漬け」を買い、「日光猿軍団」へ向かったがどういうわけか迷ってしまい山道に入ってしまったため、2回目講演の15分前の到着だった。
入場すると大きな猿のオリの中に猿山があり、親猿と一緒にただ1匹だけ子猿がいた。親猿以外の大人の猿が子猿の世話をやきたくてそろそろと近づいていく・・・・・。自由奔放な子猿は、あっちに行ったりこっちに行ったりで親猿は常に子猿を見守っていた。
いやー可愛いね~!  いつまで見ていても飽きないね~!

nikko_01.jpg

・・・あっという間に開演の時間になって、可愛い、けな気な猿たちの演目を最後まで楽しませてもらった。


今夜宿泊の「日光金谷ホテル」に向かう。

ホテルは“日光道”沿いから小高い山の上にあるのだが、上り口の日光道沿いにある明治時代様式のみやげ物屋の建物を左に見て上って行くと、目的地の「日光金谷ホテル」があった。
ホテルに車が到着するとすぐさまホテルマンが出迎えに来た。
このホテルの光景は、当時の時代にタイムスリップしたかのように歴史を感じさせる。

nikko_04.jpg

チェックインの際一応社長の事を聞いてみた。社長なら今いますよとのこと。
驚いて聞き直したが・・・結局、今の社長は女性の社長で5代目だそうで、私の知っている社長は3代目だということが分かった。
残念ながら亡くなっていた!・・・複雑な気持ちだ・・・。

nikko_06.jpg

このホテルは、現存する日本最古の西洋式ホテルで明治初期の1873年に開業したそうだ。それ以来130年余りの歴史を誇り、現在でも当時の建築様式をほぼそのまま残している。また、平成17年(2005年)には国の有形文化財に登録されている。

「日光金谷ホテル」は当時、自社で日光道に路面電車を走らせていたという。
それに、当時は西洋人客がとても多かった。

箱根宮ノ下にある「富士屋ホテル」は「日光金谷ホテル」よりもやや遅く開業したが、実は、「日光金谷ホテル」を建設した大工が日光杉を持っていき「富士屋ホテル」が完成されたそうだ。それ故、「富士屋ホテル」と「日光金谷ホテル」は大変よく似た建築物になっており、丈夫な建物のようだ。
ちなみに「日光金谷ホテル」は硬い岩盤の上に建設されているため、少々の地震ではびくともしないと自負してた。

nikko_03.jpg

夕食はフランス料理、窓から見た光景は緑に囲まれ、レストラン内は西洋の古き良き時代を醸し出し何とも落ち着いた空間だ。
もちろんフランス料理は美味しく頂いたが、特にパンが美味しかった。
何故かというと、このホテルはパンにかなり自信をもっているようだ!

<2日目>6月14日(木)


今朝は、このホテルから車で5分ほどの場所に「日光東照宮」がある。
ここは初代将軍徳川家康が祀られており、平成11年12月に「世界文化遺産」に登録されている。

nikko_07.jpg

私がここに来るのは今回で5度目だが、社殿群はいつ見ても見事の一言・・・、石鳥居・五重塔・表門・陽明門・神厩舎(シンキュウシャ)/三猿(サンザル)・神輿舎(シンヨシャ)・御水舎(オミズヤ)・廻廊・御本社(ゴホンシャ)・奥宮(オクミヤ)・唐門・三神庫(サンジンコ)祈祷殿(キトウデン)・眠り猫・・・・・・等々。
さすが「世界文化遺産」だ!
社殿群の見事な細工、重量感、色使いの絢爛さ、豪華さ、ため息が出るばかりだ。

nikko_08.jpg

nikko_09.jpg

日光東照宮HPの「由緒」には、次のように載っている。
『日光東照宮は、元和(ゲンナ)3年(1617年)徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。家康公は、天文(テンブン)11年(1542年)12月26日三河国岡崎城(愛知県岡崎市)でご誕生になり、幼少より苦労を重ね戦国乱世を平定され、幕藩体制を確立されました。そして、世の中に秩序と組織を形成し、学問を勧め産業を興し、江戸時代260年間にわたる平和と文化の礎を築き、近代日本の発展に多大な貢献をされた。
家康公は、元和(ゲンナ)2年4月17日駿府城(静岡県静岡市)で75歳の生涯を終えられ、直ちに久能山に神葬(シンソウ)されました。そして御遺言により、一年後の元和3年4月15日、久能山より現在の地に移されお祀りされました。正遷宮(ショウセングウ/神社で本殿の改築・修繕が完了し、神体を仮殿から本殿に移すこと)は、同年4月17日二代将軍秀忠公をはじめ公武参列のもと厳粛に行われ、ここに東照社として鎮座しました。その後、正保(ショウホ)2年(1645年)宮号を賜り、東照宮と呼ばれるようになりました。
尚、現在のおもな社殿群は、三代将軍家光公によって、寛永13年(1636年)に造替されたものです。』・・・・・とある。

nikko_10.jpg

徳川家康=家康は、天文11年12月26日(1542年)に愛知県岡崎市(三河)に生まれる。父は、岡崎を拠点とした三河地方に根を広げていた松平広忠。

①家康6歳の頃、今川義元に人質にされる。その後すぐに、家康は織田信長に奪われ6歳~8歳まで2年間人質になり、また8歳~18歳の10年間を今川義元の人質となり、松平三河武士団は今川に組み込まれた。

②家康の12年間は忍従の生活であった。

③父は部下に刺殺され、その前に祖父も部下に刺殺されていた。

④信長が今川を破って、家康は解放され徳川氏を名乗ることができたのもつかの間、信長の命令によって妻と長男を断罪(打ち首)しなければならなかった。

⑤家康は若くして人生の修羅場を見ることになった。

⑥世間は甘いものではなく「織田が尽き、豊臣が来ねし天下待ち、座りしままに喰うは徳川」…と誹謗中傷される。

⑦家康の合戦は、48戦中47勝1敗で、悲願の日本統一を成し遂げた。

⑧家康語録
⑴「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず」
⑵「不自由を常と思えば不足なし」 
⑶「心に欲起こらば、困窮したる時を思い出すべし」 
⑷「堪忍は無事長久の元へ、怒りは敵と思え」 
⑸「勝つばかりを知りて、負くるを知らざれば、害その身に至る」 
⑹「己を責めて人を責めるな」 
⑺「及ばざるは過ぎたるよりも勝れり」 
⑻「人はただ、身の程を知れ草の葉の、露の重きは落つるものかな」

⑨秀吉が尋ねた家康との会話
【秀吉】…わしには、天下の名物茶碗や南蛮渡来の数々の“宝物”がある。
【家康】…“宝物”の中の“宝物”は、命を惜しまぬ500基ばかりの侍たちである。

⑩世界には今だ類例のない“徳川幕府政権”は265年間(慶長8年・1603年~慶応3年・1867年)も続いた。

感激も覚めやらぬまま東照宮をあとにした。

日光道の街道を低速で左右の町並みをゆっくり見学、そこで気がついたのは豆乳の“湯葉料理”の店と“羊かん屋”が多いことだ。

“湯葉料理”が美味しそうに感じ、昼食を日光道沿いにある日光金谷ホテルの“みやげ物屋”で「湯葉そば」を食べた。湯葉もそばもボリュームがあって汁が美味しかった。
金谷ホテルと同じ年代に建てた明治時代様式の、古く風情ある建築物だ!


最後の見学先は「日光江戸村」である。

nikko_11.jpg

最初に体験したのは「忍者怪怪亭」の屋敷を1階と2階の部屋をめぐるのだが、丘陵の高低を利用した屋敷となっており、屋敷に入った途端、目の錯覚から思うように体が進まず動かない、不思議な体験をした。
この屋敷は遊び心いっぱいのお薦めの場所だ!

次に「忍者からす屋敷」に入った。
忍者一人が敵の忍者数名と闘うのだが、太刀さばきの見事さ、運動神経の俊敏さに驚かされた。とにかく真面目に手を抜かず演じていることに感銘した。

次に「文化劇場・若松屋」で“花魁(おいらん)芸者”と“大石内蔵助”が座敷で酒を飲んでのやり取りを行う設定、・・・大石内蔵助は来場しているお客さんから選んで芝居を行うのだが、大石内蔵助が素人のため大いに笑わされた。楽しい時間だった。
しかし、花魁(おいらん)たちの芸や芝居はきちっとした立派なものであった。

nikko_12.jpg

しばらく村内を見て回っていると先ほどの花魁(おいらん)一行の道中「花魁道中」が行われていた。来場者のほとんどの客がこの道中を見学、外国人の客も多く見られた。
花魁の身のこなし、付添いの男衆のキレのある身のこなし、どれをとってもきちっとした見応えのある道中であった。
鳥肌の立つような感動を覚えた。これは必見である!

nikko_14.jpg

閉場間近となったが、最後に「水芸座」に足を運んだ。先客は2組で結局は私たちを含め3組だけになった。
客が少ないにも関わらず、水芸を真面目に真剣にやっていた。
私は演じている側が元気でやりやすいように、拍手をしたり声をかけたりうなずいたりして気遣ったので、いや~疲れた。

いよいよ閉場となり村内の“関所(江戸村出入り口)”に来ると、武士姿の男たちが勢ぞろいし、きちっとした装いと言葉で入場者を見送ってくれた。身の引き締まる思いであった。

ディズニーランドのスタッフがお客を受け入れる姿勢を思い出した。この「日光江戸村」も、お客に対する受け入れ態勢や真剣に手を抜かない姿勢に感服した!!
だからこそ、これからも「日光江戸村」は安泰だろう。

nikko_15.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。