FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ カッパドキア・イスタンブールの旅 | 後編

<5日目>5月7日(月)/晴れ・14℃~23℃

● マルマラ海とボスポラス海峡を望むトプカプ宮殿・ハレム・宝物館を見学しました。トプカプとは“大砲の門”の意味で、15世紀~20世紀にかけてオスマン朝が支配していた城です。
これでもかというほどの豪華な宝物や豪華な部屋に感心させられました。城から望む景色も最高です。

5-1

5-4


● 中東最大の屋根付き市場の「グランバザール」へ行きました。驚くことに、4,400軒の店とバザールに入る21ヶ所の門があります。

5-6


● 夕食は、ボスポラス海峡沿いにある有名シーフードレストランで食べました。海沿いの景色は形容しがたいほど美しかったです。

5-8



<6日目>5月8日(火)/晴れ・曇り・15℃~24℃

● イスタンブールを360度眺めることができる新市街にある「ガラタ塔展望台」に上り、
ボガラタ橋、ボスポラス海峡、旧市街、新市街、金閣湾、モスクが点在する景色などを360度ゆっくり回って見てきました。飽きることのない景色に癒されました。

6-2

6-3

● 豪華絢爛、大理石のバロック様式とオスマン様式の「ドルマバフチェ宮殿」を見学しました。

6-4

● アガサ・クリスティの“オリエント急行殺人事件”で有名な人たちが愛した有名な「ぺラ・パレス・ホテル」で昼食をとりました。

6-5

● イスタンブールの繁華街を通る“赤色のトラム(日本のチンチン電車)”で終点まで乗り、帰りは元来た方向に歩いてショッピングをして自由な時間を楽しみました。多くの人々で大賑わいでした。

6-7

6-8

● 宮殿ホテルの「チュラーン・パレス・ケンピンスキー」の同じ敷地内にあるレストランでイスタンブール最後の晩餐となりました。豪華な食事を超高級な宮殿レストランで夕食となりました。

6-9

6-10

6-11


<7日目>5月9日(水)/晴れ・曇り・13℃~20℃

● 特別手配によって宿泊ホテル前から乗船し、「ボスポラス海峡」を約1時間以上クルーズしました。
ホテルから見えた第一大橋や第二大橋を車で渡るとヨーロッパ側になります。
観光船からの景色をトルコのチャイを飲みながら、優雅なひと時を過ごしました。

7-1

7-2


● トルコ最後の観光は「アヤソフィア博物館」でした。4本のミナレット(尖塔)は非宗教的な権力を委任された別々の支配者(ルスタン)が建立したそうです。

7-3

7-5

● 13:30にイスタンブール空港へ向かい、17:05のトルコ航空で帰国しました。


<8日目>5月10日(木)/曇り・雨
● イスタンブール空港から約11時間のフライトと時差+6時間で、成田国際空港に10:20に到着しました。
皆さんもトルコの景色を一度堪能してみてください。

3-6

4-6

4-8

7-6

5-9


旅の感想
● カッパドキアの奇岩岩、キノコ岩、洞窟ホテル、洞窟レストラン、渓谷、イスタンブールの街並み、海峡、モスク・・・等々の景色は圧巻でした。心が癒されます。
● トルコは全体的に男尊女卑のためか、日本とは違い離婚率はゼロに近いということで、日本のおおよそ40年以上前と考えられます。今の日本では考えられません。
● トルコは総合食料自給率が99%可能であることに驚きました。国策の見地から、日本(総合食料自給率:69%)は危機感をもって国内総合食料自給率アップを急務にしなければと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。