スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋思想-3

-❸ 五行- 
五行は、夏時代(紀元前2100年~紀元前1600年頃)に伝説上の聖王・舜の子供の禹(ウ)が発案したとされ、その後、陰陽と八卦とは別に鄒衍(スウエン/紀元前305年~紀元前240年前頃)という中国戦国時代の思想家が、宇宙間のものは全て五行(五つの惑星に関連づけるなど)の木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)によって変化を生じ、五気に循環し還元される哲学思想が生み出され、陰陽思想と八卦思想とも結びつき組み合わさった。
 五行思想には相性(親和)と相剋(反発)の基本的な理論がある。

gogyou.gif

木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ずる。
木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋す・・・という理論である。



 

<・・・次回「❹その後の陰陽五行思想」に続く>
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。