スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナーマッスル(深層筋)療法誕生秘話

インナーマッスル(深層筋)療法誕生秘話
『同じ痛みで苦しんでいる人を、一人でも多く助けたい。』

rijiweb.gif

東洋整体術 東洋カイロプラクティック専門学院 
理事長 井戸幸枝


平成18年8月27日 井戸理事長の深層筋セミナーより抜粋

深層筋のお話をする前にカイロプラクティックってご存じですか?
ご存じのない方?・・・知らない?・・・知っていますよね!
皆さんの中で、療術を受けたことのある方はいらっしゃいますか?
それは・・・アメリカのカイロプラクティックですか?
療術としては、骨をボキボキするものですか?
・・・アメリカのカイロプラクティックがほとんどですよね。東洋っていうのは、我々のところぐらいですね。
東洋っていう言葉はどこにでもあるのですが、『東洋カイロプラクティック』というのは我々ぐらいです。
カイロプラクティックの意味としまして、カイロというのはギリシャ語で手という意味です。また、プラクティックというのは技という意味なんですね。ですから、カイロプラクティックというと手技という意味になります。ですが、アメリカのカイロプラクティックというのは機械のようなベッドを使います。受けたことある方?・・・どうでしたか?高くして置いてバタンと落したり・・・そうですよね。アメリカカイロでは、機械式のベッドを利用して療術をしたりするんですが、東洋カイロの場合は、ほとんど手で療術します。

カイロプラクティックとの出会い

カイロプラクティックというものを私が知ってから30年ぐらいになります。その当時は、アメリカから入ってきたカイロプラクティックしかなかった。そのアメリカから来たカイロプラクティックを一般の方に教えるというのはボキボキという矯正が主体ですからすごく危険なことでしたので、例えば指圧、マッサージ、按摩、針灸の免許を持った方にしか教えていなかった。そういう時代だったんですね。

若いときはものすごく不健康だった

なぜ私が、カイロプラクティックに身を置いたかと言いますと、私も若い時にものすごい不健康だったんです。
三日仕事をして三日寝ていたということがあったんですね。それが20代後半から30代前半、ものすごい不健康で、とにかくもう起きていることがものすごく辛かった。

なぜかと言いますと、
頸の骨が三つズレていたんです。頸の骨が三つズレると半病人なんです。
ですから、人間の骨ってものすごく大事なんです。

それと私が不健康だったもう一つの原因は腰痛です。
今考えるとその腰痛も単なる骨盤の歪みなんですが、その頃は治してもらえなかった。
お医者さんが治せなかったんです。
レントゲンを撮ると頸の骨が三つズレてる。骨盤が歪んでいる。それはわかるんです。しかし、治せなかった。

ですからお医者さんにどんなに通っても治せない・・・。病院に行きながら苦しんでいる状態でした。また、そのような人たちが病院に行ったらたくさんいるんです。私もその一人だったわけですが、骨というものの大事さを、本当に骨が一つズレただけでも不健康になることを皆さん覚えておいて下さい。


ちょっと具合が悪い時、例えば頭痛。私は『頭痛持ちだから・・・』と言って諦めている方が多いんですね。
『私は偏頭痛持ちだ』とか『私は腰痛持ちなんで』と
諦めている方がたくさんいるんです。

私は、頸の骨が三つズレていたために、ものすごい頭痛・・・それは皆さんが味わったことがない程と思いますけど、もう死ぬんじゃないか・・・と思うような頭痛なんですね。もうガンガン頭に響き、それで吐き気もしちゃってゲーゲー吐くんです。それで三日寝ないと治らないんですね。なぜ三日寝ると治るかというと、骨は自然と戻るんですね。ですから、起きられるようになるんです。若い時はそのような生活をしてきました。

美容師時代

その頃の私は職業を持っていたんです。皆さんの中には知っていらっしゃる方もいると思うのですが、美容師だったんです。もう小学校4年の時から美容師になりたい!という希望を持ち、そして資格を取って自分で開業していたんですけど、もう頭痛と腰痛で辛くて辛くて辛くてね・・・。本当に仕事にならないんですね。若い時はそのような人生だったんです。それで病院に行っても治してもらえない。もういくら通っても良くならなくて、コルセット作りなさい、やれ何つけなさい、かれしなさい・・・。しまいにはここと腰にベルトをつけて上下に引っ張るんですね。アレは怖かったですね。引っ張り過ぎたら神経切っちゃいますから・・・。私の知人に一人いるんです、牽引をやって動けなくなった方が・・・。病院で牽引されて寝たきりになった方がいるので、本当に怖かったですね。その人みたいになるんじゃないかって。でも、病院に行ってこうしなさいって言われたら、嫌とは言えず、言うことを聞くしかないですよね。ですから一応やりましたけれども、治らなかったです。コルセットをつけていても治らなかった。
それで苦しんでいたところ、仕事をするのにも頭痛と腰痛ですから、もう頭痛になったら寝るしかない、腰痛というのは常に痛いですから、仕事をするときは、鶴と一緒で一本足で立って、二本つけないんですよ。骨盤がズレているわけですから、痛くて足を両方ちゃんとつけないんですね。お客様の髪をカットしている時は、お客様の座っている椅子にもたれかかって、それで仕事をしていたんです。そんな風に仕事をしているところをお客様も見ましてね。『井戸先生(美容師時代も先生と呼ばれていた)あそこにこういうのが出来たから行ってみたら・・・』と聞いたのが、アメリカのカイロプラクティックだったんです。

曇りから晴天に

当時、私はカイロプラクティックというものを知らなかったのですが、とにかく辛いから飛んで行きました。そして、その先生に体の状態を話しましたら『そんなの直ぐに良くなるよ』って簡単に言うんですよね。それで療術していただきましたら、本当に1回で簡単に良くなりました。その先生は上手だったんですね。やっぱりベッドに寝かされて、ガクンと落とされたり、ボキボキやったんですね。頸と腰の骨を矯正をしてもらいました。それまでは、この頸の後ろに重石が乗っているような状態の毎日だったのですが、その1回で曇り空から晴天!私はこの形容を良くするんですけど、本当に曇り空から晴天!という感じでした。
その1回の療術で、頭痛がすごく軽く楽になって、腰の痛みなんかも全然なくなってね、これは素晴らしい!と思いますよね。あれだけ辛かったものが1回で良くなるんですから。私も、これは素晴らしい!と感じました。

絶対勉強して身に着けたい

同時に勉強したいって思ったんですね。私はなんにでも興味を持つ人ですから・・・
それで先生に直ぐ聞いたんですね。『私も勉強をしたいんですけど、どこに行ったら教えてくれるんですか?』って聞いたんですね。
そうしましたら『いや~、あなたでは出来ないんですよ。資格を持っていないと教えられないですから』と言われて・・・その時は諦めかけたんですが、
あんなに自分が苦しんだ頸と腰のズレからの頭痛と腰痛も、こんなに簡単に治せるってことは、
素晴らしいことだ!と私は本当に思ったんですね。
病院に行って何人ものお医者さんに診てもらっても治せなかったんですね。“お医者さん”というのは職業としては最高レベルのものですね。そのお医者さんが治せないんです。医者でも治せないものがカイロプラクティックの1回の療術で良くなったんですから。
私の頭痛の原因は、単なる骨のズレだったんですね。そのズレを正せば病気ってなくなってしまうんですよ。
そのことを知った時、“これなら私にも出来るな”と思ったんですね。
なんとしてもこの技術を勉強したいと色々探しました。しかし、30年前というのはないんですよ。
アメリカからカイロプラクティックというのが入った直後の事ですからね。当時、カイロプラクティックの勉強をして、開業していた先生が日本全国に10人いなかった、そんな時代です。先生の数が10人足らずでしたから、この技術を教えるところはないんですよ。でも、私はなんとしてもこの技術を学びたいと思いました。
私は何かやりたいと決めたら、やらないと気が済まないんですよ。

整体カイロの勉強のために全国行脚・そして中国にも

日本全国、色々探しましたけれどカイロプラクティックを教えてくれるところはないんですね。
その頃、整体術とかそういうのがぽつぽつとありました。
私は“人間の体を治療するという事は、どういうことなのか?”
ということから知っていこうと思って色々なところに行きました。
評判が良いところに行っては体の悪いところを言って、それで治療してもらって・・・
『あっ、こうゆう風にするんだなぁ』とか『ここを治す時はこうすればいいんだな』って。
私は何でもすぐ覚えてしまうんです。治療を受けたり、見たりすると直ぐ覚えるものを持っているんですね。
これは私の特性なんでしょうけども・・・。何ヶ所か治療院を回って、技術的なものは感覚でわかっても、
理論的なことがわからないと人の体って治せないですよね。
それで理論も様々な学術書を使い勉強しました。
そんな時、後で顔を出しますが、当学院の学院長と縁がありまして・・・。
学院長にその話をしましたら『私もそういうものをやりたかったんだ』って意気投合しまして
『それでは一緒にやりましょう』ということになり、一緒に勉強を始めたんですね。
お互いの体を使って『ここを押したらどこに響くか?』『これを曲げたらどうなるか?』とか、
一つ一つ私と学院長とで一緒に作り上げてきたものですから、大変な苦労をして作り上げた技法なんです。
ですから、我々の技術は他の学校にはない独自の技術なんです!
そんな風にして作り上げてきている時、私は、また体を壊して病人になってしまったことがあったんですね。
それで、指圧・マッサージの治療を受けました。
三日に1回のペースで出張していただいたんですけど、治療を受けている最中は気持ちいいから眠ってしまうんですよ。マッサージを受けたことのある方は?・・・やっぱりいますね。マッサージというのは表面の筋肉だけなんですね。確かに人間というのは体を擦られた時は気持ちがいいんですよ。ですから三日に1回出張してもらいましたけど、私の場合は骨のズレですからマッサージでは治らなかったんですね。

今、話した中で抜けてしまったことなんですが、マッサージは表面の筋肉だけで、後で揉み返しみたいな痛みが出たり、だるさが出たり、色々な体験をしました。でも本当に体が辛い時は耐えられないので、少しでも楽になりたいと三日に1回ずつ何回も出張していいただきました。マッサージで治らない、指圧でも治らない、お医者さんにかかっても治せなかったんです。やっぱりお医者さんでも治せなかった症状をカイロプラクティックが1回で治したんです。
そんな衝撃を私は受けてしまったもので、自分と同じ苦しみを持っている人を救おうと、なんとしてもこの技術を学んで世のために役立てようと志したわけです。色々な治療院を回って体験をして、様々な学術書を読んで理論的なことを勉強し、さらに上海中医薬大学で東洋医学を学び、現在の技術を作り上げました。

この技術教えていただけませんか?

今は学院というものをやっていますけど、最初は全く考えていなかったんです。初めは学院長が王子で、私は埼玉の蕨で独立して療術院を開業したんですね。王子と蕨の2店舗同時に、二人別々で開業したんです。しばらくすると、私たちのカイロプラクティックの評判はとても良くて、患者様がたくさん来るんですね。
その中で『私たちのカイロプラクティックを教えてくれないか?』という方が出てきたんです。
教えてくれという方がたくさん出てきたので、1人教えるのも10人教えるのも、たいして変わるものでもないですからね。自分たちだけでやっていても、救える人は一日7、8人ですから・・・。それを全国から生徒を募って技術を伝えていったら、大勢の方々を助けて上げることが出来るなと。
それならということでやり始めたのが、この『東洋カイロプラクティック専門学院』ということになります。
それから24年・・・もう24年が経ちました。今、全国に1000人以上の卒業生がおります。その中の4割くらいは開業されています。
開業された方々が口を揃えて言うことは『ここみたいにやってくれるところはないよ』って患者様から褒められるらしいんですよ。うちの卒業生は評判の良い方がたくさんいます。

インナーマッスル(深層筋)療法の発見

当初、私は深層筋というものをよく考えていなかったんです。
マッサージを受けて全然治らない肩こりの場所を自分で触ってみると
奥の方にコリコリとした硬いものがあるわけですよ。
それが深層筋の硬い部分なんですね。
深層筋というのは奥で骨をしっかり支えている筋肉なんですね。
これが深層筋・・・、骨を支えている筋肉ですね。
こういうところですね。これも筋肉ですよ。全部、人の骨というものは深層筋、それから幾重にも重なった筋肉によって支えられているんです。筋肉も幾つかの・・・一枚だけではないのですよ。二枚三枚と縦横に重なって、それで人間の体をしっかりと支えているんですね。
それで表面から一番最初の筋肉、二番目の筋肉、三番目の筋肉をほぐしたって深層筋をほぐさないと全然スッキリしないんですよ。治らないんですね。そのことに気づきました。
私は自分でとにかく悪い体を持っていましたから、深層筋をほぐさないと治らないということで、骨を支えているのが深層筋ですから、骨を矯正する時は深層筋をほぐさないとズレた骨がなかなか入らない。
深層筋が硬くてガチッとしていたら骨が入りにくい、それで深層筋を柔らかくしてズレた骨を入れる。
その時に深層筋を考えたんですね。お医者さんはその頃、深層筋なんて考えていなかったと思います。
治らなかったわけですから。それでうちが深層筋を発見した時から
この技術もさらにレベルが上がったなというか・・・。
最初教えていた技術と今教えている技術とでは全然違います。
深層筋を発見した時から慢性的な痛みの患者様にも喜ばれておりますしね。
そんなことで深層筋の大事さというのをうちの学院は皆さんに伝えております。

現在、直営店で11店舗です。全センターで年間6万人。11店舗で6万人くらいの患者様を診ております。
ですから、来られた方は特に良くわかるみたいで
「こんなに、ここまでやってくれるんですか」って、
その方たちの「こんなにやってくれるところはないですね」って言うのがほとんどです。
同じカイロでも、他のカイロの勉強とうちの勉強は全然違います。
それだけ深層筋というものが大事であるということですね。
だからうちのスタッフも、昨日も練習していましたけどね、深層筋まで届かせるのに一生懸命やっていました。
深層筋っていうのは深い、一番深いところの筋や腱ですからそこに届くまで大変なんですね。
そこまで出来なければ人間の体も良くなりません。それをしっかり指導しております。
もう、とにかく私もその深層筋を押してもらったことによって、20代から30代前半の頃と、今の自分とでは体の状態が全く違います。今の年齢と昔のその頃の年齢と逆です。
健康状態ね・・・今は最高に健康状態がいいんですね!
そういう風に深層筋を見つけたことによって、多くの患者さんを今、助けることが出来るというか、救うことが出来ております。
世の中に貢献することが出来ております。
世の中に貢献・・・せっかくこの世の中に生まれてきて、世の中に貢献する自分であったらどうでしょうか?
皆さん同じことを考えるんですよね。

世の中に貢献したいって思いませんか?

思いますよね。しかし、何をしたらいいのかって思うんですよね。
私は、若い時から技術を持っていましたんで、美容の技術によって人々を綺麗にすることも技術で世の中に貢献していることの一つですよね。お金をいただきながら世の中に貢献しているんですよ。ましてこの仕事は『先生、本当にありがとうございました』って感謝感謝ですよ。それで盆暮れには、患者様からお中元やお歳暮をたくさんいだだきますが、それはやっぱり患者様から感謝をいただけているからこそだと思います。人から感謝される職業ですから、遣り甲斐があるわけです。私たちの職業はそういうものなんですね。
皆さんは今、何をなさっていらっしゃるんですかね?
職業を変えたいと思っている方はいらっしゃいますか?
今、何をなさっていらっしゃいますか?
車関係?・・・。あっ、そうしたら腰痛とかありますでしょ。ねっ、車に乗ってる方って腰痛が多いんですよね。
せっかくですね職業を変えたいと思っていてもどんな職業に変えたらよいのか、皆さん迷うと思うんですよね。
せっかく一生に一度きりの人生ですから、
やっぱり人に貢献して、喜ばれて、感謝されて、そういう職業が最高だと思います。
それは皆さんも考えることでしょうけど。
そういった職業の中でお医者さんというのは本当に素晴らしいと思いますよ。
お医者さんというのは、人の命を助けることが出来る職業ですからね、ある意味どんなに偉い方でも、
例えば大統領でもお医者さんにはかなわないんですね。ですから、お医者さんとか、お寺のお坊さんとかそういう職業は聖職と言いますよね。
しかし、お医者さんに肩を並べるには我々は勉強とか研究とかが足りないんです。
でも、人様の辛いところを改善させられる一人ですから、
逆にお医者さんには出来ない技術で私たちも人助けの一躍を担っております。
やはり先生と呼ばれていますからね。
患者様からすれば、病気を治してくれる人、痛みをとってくれる人が先生なのです。
我々の価値観もそこに重きを置いております。そういう職業を勉強したいということであると今は学校がたくさんあります。
リフレクソロジーとかね、足ツボマッサージ、足ツボも東洋医学に沿った技術なのですが
足だけじゃ治らないと思いません?人間の体って足だけやっても治るものではないんですよね。
うちの技術というのは頭の先から足の裏まで、指の先まで、
全身やるわけですけど、全身やって初めてスッキリするんです。

それは、人間は体の血液と体液の循環を良くしてあげないと健康にならないからなんですね。病気というのは血液の循環と体液の循環が悪いと病気になってしまうんですね。
私が腰痛と頭痛でなんで悩んだかっていうと、頚の骨がズレていますから血液の循環と体液の循環が悪く酸素が頭にいかないんです。
ですから病気になるのですね。
その骨をちゃんと戻して正常になることによって健康になるんですね。
せっかくですね職業を変えたいという希望でいらっしゃる方が御一人おりますから、皆さんも一緒に聞いて下さい。やはり仕事というのは楽しくないと人生面白くないですよね。
ですから、長く楽しく人に喜ばれて仕事をするというこの職業の要件には二つございます。

まず、やはり一番大事な技術ですね。

技術がなければ喜ばれない。その技術をしっかり学ぶということですね。
技術をしっかり学校で学ぶということが大事ですよね。その学校で勉強した技術で本当に成功するんですか?

皆さん不安ですよね。しかし、うちも成功しております。年間6万人の方に喜ばれているわけですから、成功の部類に入りますよね。うちの学院で勉強した方は、相当な人数がおりますけれども、例えば開業しましても、ご自分で開業しなくても何かしらやっているんですね。それは半開業だとか、それから出張開業とかね。そうやってやっている方が大勢いらっしゃいます。それで成功するということは、
まず技術が良くなかったら成功しませんよね。技術の良さが一番大事。

それから学校の指導の仕方ですね。この二つ。

うちの場合、手だけでほとんどの技術を行います。
ですから、日々の実技練習が大事になります。
手にセンサーのような感覚を身につけさせるため、どんどん体で技術を覚えていきます。
どんな患者様でも瞬時に的確な技術を出せるように指導しております。

また、24年の歴史に裏づけされた経営ノウハウも指導します。
卒業して終わりではなく、保険等も備えた卒業生の団体がございますので、
そこで毎月1回の研修会も開催され更なる技術の研鑚も行っております。
ですから、安心して勉強したいと思っているのでしたら、
この技術を学びたいとおっしゃるんでしたら来て下さい。ぜひ勉強してみて下さい。

え~深層筋とカイロプラクティックというところのお話ですね。それと私のつたない体験をお話しました。
技術の大事さとか、人間の体というのは血液の循環を良くするためには
骨がきちっと、しっかりしないと病人、半病人になってしまうということですね。
それから骨がきちっとなっていると血液の循環、体液の循環、酸素の循環そういうものがしっかりと良くなります。

では、これから皆さん実際に深層筋というものがどこなのか感じていただきます。
それと皆さんの体に歪みがあるかないかということもご希望であれば診させていただきます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。