スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋思想-1

<東洋思想の変遷(へんせん)> 
アジアの東部と南部地方にある中国・朝鮮・インド・ミャンマー・タイ・インドネシア・日本などの地域を東洋という。特に日本は中国やインドの思想を強く受け、日本独自の東洋思想を構築してきた。

-❶ 陰陽- 
宇宙の原初はカオスという混沌とした無秩序な状態が続き(宇宙開闢カイビャク=天地のはじまり)、また、同時にすべての事物を生み出す条件下であった。

「気」の歴史は古代中国の戈(か)の時代にさかのぼり、陰陽の起源は現在から4,400年以上前に考えられたという。

 「陰」の一気は重く濁った気として下降し「地」になり、「陽」の一気は軽い澄んだ気となって上昇し「天」となったという。そして陰と陽の二気は同じ種の気として引き合い
交流し感応し合った。

 その後、あらゆるものは陰陽の一対で出来ているということで陰陽に分けられた。たとえば、陰は・・・黒色・月・女・下半身・背中・左・体内・臓・胎児・老人・偶数・時間など。陽は・・・白色・日・男・上半身・胸・右・体外・腑・赤ちゃん・若者・奇数・方向などである。

しかし、陰の中にもほんのわずか陽が含んでおり、当然、陽の中にもわずかに陰が含んでいる。右の図は陰陽をあらわした「太極図」といい、また魚の稚魚のように見えるので「陰陽魚」ともいう。
inyou.jpgこの“陰陽”は単なる二元論(物事の相対立する二つの原理や要素)とは違い、ある物事がピークを迎えると「もの極まれば必ず変化する!」という考え方も備えている。
  つまり、あるピークを迎えると黒い魚の尾の部分は白い頭に融合し、同じように白い魚の尾の部分は黒い頭の部分に融合するという現象を起こすという。
                                                           <・・・次回 「東洋思想ー2 八卦」 に続く>
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カテゴリ
最新記事
プロフィール

鳥澤 悟道

Author:鳥澤 悟道
株式会社リヴァイヴ
代表取締役 鳥澤 哲男

●東洋カイロプラクティック
 専門学院 学院長
●東洋カイロプラクティック
 直営療術センター 総院長
●東洋カイロプラクティック師
 協会 会長
●予防医学推進 悟道会 会長
●健康アナリスト
●上海中医薬大学気功研究所
 修了
●臨床催眠療法師

最新コメント
お買い物リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。